<< 母は手負いの虎だった2 | main | 母の日 >>

母は手負いの虎だった3

IMG_6723.JPG

 

手負いの虎だった母について綴ることは、

こんな状況で30年くらい過ごしても、

結構、笑いの沸点低く、ヘラヘラと楽しく生きているわたしの例もあるから、

もし、毒親呪いで今も窒息悶絶している人がいたら、

どうか希望を持ってゆるんでね!という願いからです。

 

日本は笑うってどこか不謹慎だ!!みたいになるシーン多いじゃないですか。

 

でも、わたしはユーモア、滑稽さ、って救いになることの方が圧倒的に多いと思います。

 

1.2とディープにまじめに綴った手負いの虎シリーズではありますが。

戦友のような弟や、母の弟(わたしの叔父)と当時の話をするときは、

結構、ブラックな笑いになるものです。

 

たとえば。

 

叔父談(母の弟)

 

「上野の配達行くって言ったら、

むつ(母のあだ名)が一緒に乗っていくって言うからさ、

車の番がてら連れてったの。

 

車に乗る前に呑んだらしくてどんどんおかしくなってきてさ。

配達の後、不忍池でボート乗りたいって言い出して聞かないの。

 

仕方ないから乗ったんだけど、

まぁ、おかしいながらも最初ヘラヘラしてたのに。

 

急に真顔になってこっち睨んだと思ったら、

池にどぼーん!って飛び込んじゃってさぁ。。。

 

周りの船の人も協力してくれて引き上げたんだけど、どろどろで。

どうも入水自殺しようと思い立ったらしいんだけど、不忍池だよ〜?!

 

浅いし、どっちかっていったら沼なんだよ、あそこ。

帰りの車で助手席にドロドロ星人みたいなむつ乗っけて走って、

対向車の人が驚きすぎてて申し訳ないくらいだったよー。」

 

私&弟

『あ〜〜、その急に真顔ってのわかるぅ〜〜〜』

 

爆笑www

 

 

みたいなw

 

このパターンよくあったんですよ。

 

家族で車に乗ってる時に、急にドアあけて西部警察並みに転げ落ちてみる、とかね。

 

夜の道を歩いている時に、急に爆音で叫んで走りだすとかね。

 

3階の窓から飛び降りて下の幌にバウンドして地面に落ちるも無傷とか。

 

みんなでテレビ見てたら突如、昔の重いブラウン管テレビを父に向けてぶん投げて雄叫びとか。

 

父に掴みかかってネクタイ締め上げてこま結びになって、父がはさみ持って切ろうとしてる所を顎叩くとか。

 

もうね。

 

ジャッキーチェンか千葉軍団に弟子入りして!

 

って思いましたよ。

 

えげつないと言われる南米のドッキリ番組なんて、

むつに比べりゃかわいいもんですよ。

 

今思えば、絶対ネタ仕込んでただろ!wって思いますけどね。

 

HALO 上松亜未

 

JUGEMテーマ:毒親

 

 

 

 

| 機能不全家庭ブートキャンプ閲覧注意 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://erestial.com/trackback/1109

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM