<< 芋洗坂係長電車 | main | 直感と感情 >>

文章が書けないんじゃない

IMG_8104.JPG

 

先日ね。

 

「これからやっていく自分の夢の仕事に向けて、

色々発信しないと!と思うんですけど、

文章とか下手で書けないし、、、

機械音痴だし、、、」

 

とつぶやく可愛い女性。

 

他のお話を聞いて、セッションしていると。

 

どうやらそれは本当の理由じゃないなぁ、、と。

 

文章は3行だっていいし。

機械だって今は言いなりにクリックすればポストできちゃう時代。

 

どうも、その女性の場合。

 

「自分の胸のうちを不特定多数に読まれる、知られるのがこわい」

 

もっと根っこには

 

「自分がこれっ!とやっているものを誰かにバカにされたりするのがこわい」

 

って意識がある。

 

結構、そうゆうブロック多いです。

 

人前で話す、初対面の人に自己紹介する。

何かの場面で自分のことを売り込むとき。

 

緊張はある程度、誰でもあるものですが。

 

他の、

「解決しようと本気で思えば解決できるであろう理由」

をでっち上げるほど怖い場合は、

 

大抵、

 

「自分の胸のうち不特定多数に読まれる、知られるのがこわい」

「自分がこれっ!とやっているものを誰かにバカにされたりするのがこわい」

 

がブレーキとなっていて、本当のホントの声で話せないので、

結果、伝わらない、ということが起きやすい。

 

もし、夢を実現させるべく発信が必要で。

ブログやメルマガ、プレゼンテーションを避けている場合。

 

リハビリからはじめましょう♪

 

オススメはブログです。

 

ブログって「見ようと思えば」世界中の人が見られます。

訪れる側の選択です。

 

ブログは世界中の多くの人が書いていて、

日本語が読める人に限定しても、相当な数のブログが存在しています。

 

はじめから多くの人がひとつの記事を読むということは、

極めて希で。

 

とりあえずはじめて、ひとつふたつ記事をアップして、

その記事に対するアクセス解析をしてみるとわかります。

 

炎上が怖いと言う方も多いのですが、

炎上起こせる人のブログは人気ブログですw

ちょっとやそっとのことじゃ炎上さえ起きないです、はじめのうちは。

(犯罪的なシーンのアップなどは別として)

 

多くの方に見てもらうために

一生懸命様々工夫をしている人がたくさんいることからわかるように、

見て欲しくても、多くの人に読んでいただけるよういなるまで、

ちょっとした時間は必要なツールです。

 

だから。

安心して、発信をはじめて、

「世界中の人が見ようと思えば見られる」

という環境に自分を慣れさせていくのが効果的です。

 

はじめから本題を書かなくてもよくて。

無難な世間話のような話題を書いて自分を慣れさせていくと、

本当に発信したかったことをかけるようになります。

 

書いていくうちに、自分なりに文章をまとめたりするようになります。

 

発信したものを誰もが見るという環境に、

まずは、慣れてみる、続けて見るということで、

怖さは徐々に消えていき、

いずれ、もっともっと多くの人に発信したい!までに到達します。

 

 

HALO うえまつあみ

 

| リーディングカウンセリング | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://erestial.com/trackback/1124

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM