<< 文章が書けないんじゃない | main | Top Of Topの至福感 パートナーシップバージョン >>

直感と感情

IMG_8105.JPG

 

 

こんにちは!

 

わたしのリーディングカウンセリングで22年間通じて、

全ての方へお伝えしていることのひとつに「直感」があります。

 

以前、直感ってなによ?って記事でも書いてみましたが、

今回は直感と感情のハーモニーについて書いてみようかなと思います。

 

直感をどう呼ぶかは自由でもあり、

正確に言いあらわせる言葉はないのかもしれません。

 

魂の声

 

本能

 

体の反応

 

それらを全て一つにしたもの。

 

どれか一つではないもの、です。

 

嬉しい時に胸がいっぱいになったり、

怖い時に体が冷たくなったり、

そういったものを含みます。

 

そこにご立派な理由なく。

なんとなくいい、なんとなくいや、としか言いようのない感覚です。

 

それをとりあえずは直感と呼んでいます。

 

直感というと、「!!!ひらめいた!!!」みたいなイメージがありますが、

そればかりではないですw

 

日常的に使うとこれより便利で楽しい感覚はない、ってくらい身近で、

熱いものをさわって「熱い」と感じたりすることと似ているくらいのものです。

 

バスにのる瞬間、なんかやだ、気が重い、と感じて一本見送ったり。

仲良しのお友達から行きたかったレストランに誘われたのに、

なんか気が重い、ので「また誘ってね」と言ったり。

めんどうな人からの頼みなのに、なぜか、あれ♪やってみようかな♪って気が軽かったり。

一般常識的には非常識でも、なぜかワクワクたのしい気分になる選択とか。

 

そんな感じで身近です。

 

感情は表面に露呈してきた、直感の熟成品とも言えます。

 

怒った!

悲しい。。。

嬉しい!!

楽しい!!!

 

喜怒哀楽って、いきなり純度100パーセントで強く湧くって、

なかなか人間には起きないことで。

 

その前に、純度の高い感覚の反応があります。

 

怒った!の原材料になる最初の反応は

「えっ!」ってびっくりだったり。

 

悲しい。。。の原材料が

「大好き」だったり。

 

並べると、一見違うもののようですが、

それは大豆と味噌の関係みたいなものです。

 

感情は結構手順をかけて完成しています。

あっという間に湧いた感情と感じるものでも、

何かしら原材料があったはずです。

 

なので。

 

直感を無視して、感情のみで動くと、ちょっとしんどいです。

感情で動いてもよいのだけど、葛藤したりする。

逆も然りで、感情を抑え込むと、息が苦しくなってくる。

 

そもそもなんだったっけ?って、シンプルな軸があると、

とても自分が楽になる。

 

海でたとえるなら、

海面は大嵐でざっぱんざっぱんしてても、

深海はしーんとしています。

 

感情がどんなに荒れてても、浮き足立っていても、

自分の軸となる直感のシンプルさをどこかで感じていれば、

いずれおさまる、あとで落ち着こう、と安心していられます。

 

感情は人間らしさである大切な表現で、

やっかいと感じることはあっても感じられることはやっぱり体験としてすごいことで。

 

晴れた海を爽快に突き進む気分最高な幸せな日もあれば。

大嵐で冷たい雨の中大暴れしたくなる日もある。

 

それでも、深海は常に静かで穏やかに、

海がなんであるかを示し続けているかのように。

 

 

HALO うえまつあみ

| リーディングカウンセリング | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://erestial.com/trackback/1125

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM