<< 空から宇宙へ抜ける旅 Outer Spaceブレスレット | main | 母は手負いの虎だった6 >>

母は手負いの虎だった5

 

IMG_8101.JPG

久々に手負いの虎シリーズです。

 

選択肢につながる話をしたいと思います。

 

小学校一年生の頃だったか。

夜、寝ていたら「いたっ!」と感じて起きたら、

泥酔した母が泣きながら私の手首に

包丁を切りつけていましてねw

 

私が目を覚ますと、今後は自分の胸をめがけて包丁を突き立てました。

 

ぐでぐでなので力入らず、いずれも軽傷。

 

わたしは自分の手首を見て

「このくらいの怪我は普段でもしたことあるから平気だ」

と思いました。

 

母もダンガリーシャツ着ていたのもあって、

1cm弱の深さに刃先が入ったくらいで、

それを確認して「あ、大丈夫だ」と思ったのを覚えています。

 

なんだろね。

うちだけ毎日ハロウィン。。

トリックが行き過ぎ。。。

 

子どもって、基本、選択肢がないのですよ。

 

どんなに過酷で命がけな暮らしだろうが、

人権なんてどこの話?って環境でも、

 

「ここにいるしかない」

 

のです。

 

外に飛び出すことも何度もありました。

 

なぜか追いかけてくる母の腰に、

鍵のついたキーホルダーが下がっていて。

暗闇の道で後ろから鍵の音がしゃんしゃんと追いかけてくるのは、

なんとも言えないホラー感でしたね。

 

追いつかれて咄嗟に振り払った時、

泥酔している母が路肩に倒れ。

頭がコンクリートにぶつかる鈍い独特な音がして。

 

「殺ってしまったか。。。」

 

と思ったこともありました。

幸いすぐ起き上がってきて。

 

どっちが怖いのかよくわかりませんでしたけども!w

 

逃げても無駄なんですよね、子どもだから。

 

働けない、保護者が必要、基本親権最優先。

 

「ここにいるしかない」

 

唯一、選択肢があるとしたら「死ぬか生きるか」くらいです。

 

。。。究極すぎですw

 

わたしも弟も、選択がない状況で、

ただ虚ろに戦場で生きていました。

 

日本の法律で認められている婚姻は

女性16歳、男性18歳と知り、

ただただそれを待ち。

 

私が16になった時、

私が小学校4年生の時にガチで出て行った父に

(それまでもほとんどいなかったけど)

「わたしと弟で二人暮らしをさせてくれ!」と頼みに行きました。

 

あっさりばっさり、怒鳴られて取り合ってもらえず。

 

今度は18になるのを待ち、再度トライ!

 

「おまえら出て行ったら

むつ(母)はどうなるんだ!母親だろう!」

 

と怒鳴り散らして終わりでした。

 

いやいやいやwww

それを言うならお前父親だろう。

それ以前にむつはおまえの妻だろう。

 

と言ってみましたが、

なんと。。。

 

「甘ったれるんじゃねぇ!車降りろ!!」

 

と道路の真ん中で降されまして。

 

もーほんとびっくりw

わたしと弟の周りにいる大人たちは、とことん弱すぎる。。

 

と改めて絶望しましたね。

 

何か取り返しのつかない部分が私の中で壊滅的に壊れた気がしました。

 

選択肢がある。

それだけでも本当に自由で素晴らしいことなのだと痛感し続けた子供時代。

 

自分には命しかない。

夢を描いたこともない。

逃げる場所もない。

ぐっすり眠れる日がない。

愛してくれる人がいない。

 

今、わたしは大人になり、

この時に願った全てがある。

 

今までに2回、

全ての希望が叶った瞬間を味わったことがある。

 

1度目は、愛され、家庭を持ち、子どもを授かって。

産めないと言われていた身体でも産めた時。

 

2度目は、世界の違う国を訪れ、

様々な人たちと関わり、

異国の大自然風景を見て暮らせた時。

 

今でも、

ご飯を食べる時。

犬を撫でる時。

仕事をする時。

お風呂に入る時。

寝るとき。

 

全てが叶っていく。

 

至福です。

奇跡です。

 

今これを読んでくださっているあなたはどうでしょう。

 

どれほどの選択を持っているでしょうか。

 

夢を選べる。

やるかやらないかを選べる。

寝るか寝ないかを選べる。

食べるものを選べる。

出かける先を選べる。

着る服を選べる。

一緒にいる人も個人的には選べる。

 

選択があるってすばらしい。

 

それが仮に、自分にとっては究極の選択であっても、

選べるってすごいことなんです。

 

 

HALO 上松亜未

 

JUGEMテーマ:毒親

| 機能不全家庭ブートキャンプ閲覧注意 | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://erestial.com/trackback/1128

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM